トイレの水漏れを業者に依頼するメリット

トイレには、汚物やトイレットペーパー、水に流せるタイプの掃除ペーパーなど以外の異物は流さないことが基本です。しかし、小さなお子さんがいる家庭では誤っておもちゃを流したり、タンクや給水管を傷つけたりすることによって、詰まりや水漏れが起きることがあります。ちょっとしたトラブルならば自分で何とかなると、あれこれ手を出して状態を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。トイレの水漏れなど水のトラブルが起きたら、すぐにプロの業者に依頼することをおすすめします。

■修理費用は高くない

プロの業者にトイレの水漏れ修理を依頼すると、当然ながら費用が発生します。ケースによっては、パッキンやナットなどの劣化した部品を交換するだけで修理が完了することもあり、勿体ないと思うこともあるでしょう。しかし、それはあくまでも結果論であり、場合によってはタンクや給水管、便器に大きな異常が認められることもあります。
水漏れをそのまま放置すれば、状態が悪化して水浸しになったり、階下にまで水が漏れてしまったりすることもあります。そうなれば、便器を取り外して床材や壁材を張り替える必要が生じ、多額の費用が必要となります。大規模な工事やリフォームをしない限り、プロの業者でもそれほど費用はかかることはないので、早めに業者に依頼することが結果として安上がりとなることを覚えておきましょう。

■どのような修理業者を選べばいいか

水回りの中でもトイレの修理には、特に高度な知識や技術、経験が必要となります。最近では、水回りのトラブルを専門にしている業者が数多くあり、インターネットで検索、比較することが可能です。信頼のおける良心的な業者であれば、おおよその修理費用や修理の流れ、アフターサービスなどについて事前に伝えてくれます。
全国にチェーン展開している大手業者の中には、ネットワークと豊富な実績を生かしてトイレの種類や機能に応じた適切な修理を行ってくれるところもあります。また、数多くの法人と契約している業者であれば、さらに信頼が高まり、安心して依頼することができるでしょう。さらに、顧客が数多く訪れるサービス業や商業施設などの法人に採用されている業者であれば、信頼と実績に説得力があります。

■まとめ
トイレの水漏れはとても厄介ですが、経年劣化によって避けられないものでもあります。水道の蛇口のようにパッキンを交換する程度の簡単な作業であれば自分でもできますが、給水管や便器、配線がある温水洗浄便座などに異常がある場合は、プロに任せるしかありません。当然修理代はかかりますが、放置してダメージが大きくなることを考えれば高いものではないでしょう。信頼や実績のあるプロの業者に早めに依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ