トイレの水漏れメンテナンス

家族の人数が多い家庭では、特にトイレを使用する回数が多くなります。毎日トイレを清潔に保つだけでも大変なことですが、水漏れが生じるともっと厄介なことになってしまいます。雑に扱っていなくても年数が経つにつれてガタがくるのは便器やタンクなどに限ったものではありません。大事にならないようにするためには、定期的にメンテナンスをしておくことが大切ですが、自分でやれることと専門の業者でなければできないものがあり、全てを家庭で行うことは難しいでしょう。

■フロートバルブとポールタップのメンテナンス

トイレで水漏れが生じた場合、給水管から一旦水を溜める役割を果たしているタンク内の点検をすることから始めるのが普通です。止水栓をしっかりと閉めて水の供給を断ってから作業に入ります。いつも水に浮いているボールタップは劣化がしやすい部品でもあり、ゴム部分の交換だけでなくすべての部品を交換する必要もあります。
フロートバルブもゴムの部分が劣化しやすいため、それが原因で水漏れが起こることがあります。ホームセンターなどでゴム部分だけを購入することもでき、ポールタップ、フロートバルブとも部分的な部品の交換であればそれほど難しいものではありません。ただ、作業に慣れていないと壊れやすいプラスチック部分を破損する可能性もあるため注意が必要です。

■便器と床の間から水が漏れる場合

便器や温水洗浄便座は定期的にメンテナンスすることができます。しかし、便器と床の間から水が漏れる場合は、給水管ではなく床下に埋め込んである排水管から水漏れしている可能性があるため、素人によるメンテナンスの域を超えるものとなります。やり方も分からないまま手を出すと、状況が悪化してしまうこともあります。
排水管は止水栓を止めても逆流して床に染みこむように漏れることもあり、床材を張り替えなくてはならなくなることも珍しくありません。原因としては、便器や排水管の劣化や破損が考えられるため、早急にプロの業者に依頼してみてもらった方がいいでしょう。少しの水漏れでも時間が経過すれば大きくなり、水道代も上がります。リフォーム工事が必要となる前に手を打つことが大切です。

■まとめ
水道の蛇口やトイレの水のようにひねったり、レバーを倒したりするだけでいつも水が流れることに慣れていると、メンテナンスを忘れがちになります。しかし、何年も繰り返し使用すると部品や本体が劣化して、思わぬ原因から水漏れが発生することがあります。自分で点検、修理が可能なものはいいですが、素人では手に負えないことも多く、放置すると大惨事に発展することもあります。少しでもおかしいと感じたら、まずはプロの業者にみてもらうことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ